オキシトシンとは?

あなたが感じる『生きづらさ』の根本に、『オキシトシン』がありました。


『オキシトシン』という脳内ホルモン、聞いたことがありますか?

実は、対人関係のストレスや、人との関係がうまく築けないことの原因の一つに『オキシトシン』という、脳内ホルモンが深くかかわっていました。

人と人が絆や心のつながりを感じるために必要と言われる『オキシトシン』。

脳内ホルモンというと難しそうですが、お薬を使わなくてもその分泌を高めたり、活性させたりすることができるんです。

それも、リラクゼーションを受けながら。

ふうぅの『自然治癒力向上ボディケア』で、オキシトシンの分泌を高め、人と理解しあえる幸せに、一歩踏み出してみませんか?

オキシトシンには痛みやストレスを軽減させる作用があります


オキシトシンという物質が、陣痛を促したり子宮を収縮させたりという、分娩に深くかかわるホルモンだというのは、出産を経験された方やこれから出産をされるという方では、ご存知の方も多いのではないかと思います。

「男性ならショック死するレベル」と言われる分娩の痛みに女性が耐えることができるのは、このオキシトシンが、子宮を収縮させながら母体が感じる痛みを緩和させてくれているから、というのは凄く納得がいきますよね。

そして、この『痛み』というのは肉体的なストレスに当たりますが、実は、脳は肉体的なストレスと精神的なストレスを区別しません。

身体の痛みも心の痛みも、同じようにストレスとして反応し、緩和させてくれるのがこのオキシトシン。

ですが、このストレスフルな現代社会の陰に深刻なオキシトシンの分泌不良が潜んでいるとも言えそうですね。

オキシトシンの分泌が高まるとどうなるの?


施術によって副交感が優位になると、こころとからだが癒され、オキシトシンが分泌される

オキシトシンの分泌が高まることで、自尊心や、傷ついた自己肯定感情が回復し始める

自己肯定感が高まることで、精神的な安定感が得られ、人間関係に振り回されにくい自分になる

ふうぅがご提供するオキシトシンレベルの高いセラピーを受けていただくことで、

「心」「肉体」「精神」の調和を図り、自律神経のバランスをととのえ

心理的・身体的な癒しを目指してゆきます。